RECRUIT

社員紹介一覧

CONTENTチーム Takumi

インタビュー

いま、STAGEではどのような仕事を担当していますか?
STAGEの新規事業であり事業の中心となっているライブ配信アプリ「EVERY .LIVE」のUI/UXデザインを担当しています。
画面上のデザインだけでなく新機能を自ら考えるところから携わっていきますので、デザイナーのみならずディレクターとして立ちまわることも多いです。

STAGE(EVERY .LIVE)で求められるUI/UXデザイナーの特徴は何ですか?
世話焼きな方が良いです。またその方がSTAGEに向いていると感じます。
UI/UXデザインはデザイナーのほか、デザインをWEBの画面に落とし込むエンジニアさんの力あってこそ成り立つので、チーム間での共有が上手くいっていないと認識のズレが起きてしまいます。
例えばエンジニアさんへお渡しするUI/UXデザインの仕様書を作成する際、自分の中ではこの説明で伝わるだろうと思っていても、相手からすればその意図が伝わらない可能性があります。
そういった部分まで見越してやりすぎと思うくらい細かい気遣いができる方ですと、より安心してお任せできますし、円滑に業務を進めることができると思います。
あとは粘り強い方ですね。
自分が良いと思ったデザインからもう3回くらいブラッシュアップした方が良くなることが多いので、粘り強くデザインと向き合える方と一緒にお仕事したいです。

デザイナーが幅広く活躍でき、スキルアップに繋がる環境はありますか?
UI/UXデザイン以外にも広告物やバナーなどのグラフィックデザインの業務もあります。また自身が挑戦してみたければAfter Effectsを使った映像制作や撮影のディレクションも経験できますので、他企業のインハウスデザイナーよりも幅広く制作に携われると思います。
STAGE自体、EVERY .LIVE以外の新規事業に挑戦していくフェーズですので、ライブ配信アプリ以外のデザイン領域にも踏み込んでいけると思います。

STAGE(EVERY .LIVE)のデザイナーとして自分が成長したと思えるところはどこですか?
デザインをするにあたっての技術面はもちろん成長しましたが、自分から行動することが多くなったと感じるので、社会人として大きく成長したなと感じます。
ちょっとでも仕事が滞っているなと感じたらミーティングを開いて解決したり、お節介かもしれないですが、人と人の間に立ってお互いの意見を聞いて業務を進めたりと、恐らく普通の企業では年功序列もあって受け身になりがちですが、STAGEでは積極性が高められる経験ができるので社会人として大きく成長できたのではないかと思います。

STAGE(EVERY .LIVE)のどんなところが好きですか?
正直日々の業務は大変なのですが、それぞれのプライベートに対して全社的に理解し合っているところが良いと思います。例えば前日夜遅くまで仕事したのであれば次の日は15時に帰宅したり、ほかにやりたい仕事があれば副業としてこなしたりなど、日々しっかりと働いていればプライベートのことはかなり融通が利きます。
メンバーの中にはアーティストやYoutuber、フォロワー1万人を超えるインフルエンサーもいますので、これまでの活動を就職で終わらせたくない、自身の活動も大事だけど収入が不安定なのが不安という方にも向いていると思います。

将来の夢や目標を教えてください。
自分は音楽を聴くのも作るのも好きで、STAGE以外では音楽業界のお仕事をさせていただくことがあります。ライブ配信業界でも音楽は密接に関わっている世界ですので、色々な方と出会いながらデザイン以外に音楽も仕事にして幅広くものづくりをしていきたいと思っています。

プライベートを拝見!OFFSHOT


写ルンですを持って公園散策

表参道をパシャリ

実は歌も歌っています